やわらかおせち 噛まなくてよい

やわらかおせちなら歯が弱い人でも大丈夫

おせち料理については、自宅でつくることが多かった我が家も、祖母の元気がなくなってからは、つくることをしなくなりました。その元気がなくなったというのは、食事について食が細くなったのです。

 

以前はなんでも食べることが出来ていた祖母ですが、最近では固いものを食べることができなくなり、そのためにおせちを、作ることがなくなっていたのです。そんな時、ふと祖母が以前のように、縁起を感じることができるおせちをたべて見たいと、言ったのです。

 

そのように言ったのは、食が細くなってからははじめてのことだったので、家族で驚いていたのです。そして、せっかく食べたいといっているのだったら、作って見ようということになったのです。

 

しかし、そのおせちを作るのは、柔らかくするために、通常のようにつくることができません。そのため、柔らかおせちを注文することになりました。

 

母が注文をして、家族全員で食べることになりました。そのやわらかおせちは、とっても興味を持っていました。いくらやわらかいといっても、それには限度があると思っていたのです。そしてその重箱をあけて見ると、見事に色々な種類のおせち料理を見ることができたのです。

 

見た目は柔らかいことを想像することができないくらい、普通ののおせちです。そして食べて見た時、その柔らかさに驚きました。

 

噛まなくても良いので、祖母も喜んで食べることができていたのです。その後は、我が家でその柔らかおせちを食べることが定番となっています。何度食べても美味しいので、満足をすることができます。